2017年9月
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

本日(9月26日)の開館時間











学生・職員の方へ

埼玉大学図書館 » 学生・職員の方へ

入館手続き

  • 入館ゲートが設置されています。図書館を利用される際は、必ず学生証、図書館利用証をご持参ください。
  • 学生証、図書館利用証を忘れた方は、備付の入館受付票を記入の上、職員にお申し出ください。
  • 図書館利用証をお持ちでない方は、職員にお申し出ください。

図書館利用証の発行

  • ICカード学生証は、図書館利用証を兼ねています。
  • 教職員の方でバーコード付図書館利用証をお持ちでない方は、別途利用申請が必要です。教職員身分証等をご持参の上、図書館のカウンターで申請してください。

貸出・返却

貸出冊数・期間

身分等 貸出冊数 貸出期間
学生
卒論等作成用特別貸出
10冊
20冊
2週間
4週間
大学院生
修論等作成用特別貸出
10冊
20冊
2週間
4週間
役員 20冊 4週間
教員 20冊 4週間
職員 10冊 2週間
名誉教授 10冊 2週間
元教職員 10冊 2週間

貸出手続き

  • 埼玉大学図書館の表示があるバーコードラベルが貼付されている図書を借りたい時は、カウンター正面にある自動貸出装置で手続きができます。
  • バーコードラベルが貼付されていない図書を借りたいときは、カウンターで手続きをしてください。

返却手続き

  • 開館時には、図書をカウンターにお持ちください。
  • 入館ゲートを通らずに図書を返却したい場合は、入退館ゲート手前のブックポストに図書を入れてください。返却してすぐに図書を借りたい場合は、図書をカウンターにお持ちください。
  • 閉館時には、図書館玄関わきのブックポストにお返しください。

期間の更新

  • 貸出期間を延長したいときは、返却期限内にカウンター正面にある自動貸出装置で更新手続きをしてください。
  • OPACからも延長手続きができます。
  • 予約が入っていないときにかぎり、3回更新することができます。

返却期限に遅れた場合

  • 期限に遅れた資料を返却するまで、貸出を停止する罰則がかかります。
  • 停止期間中及び期限をすぎているものが1冊でもあれば、新たに貸出を受けることができません。
  • 停止期間は、延滞日数となります。その上限は1ヶ月間です。

貸出中の図書の予約

  • 利用したい図書が貸出中のときは、予約ができます。
  • OPACからも予約ができます。
  • 予約図書の取置きは、図書が返却されてから1週間です。 これを過ぎると予約を取り消します。

特別貸出

  • 卒論、修論等を作成するため、所定の手続きをすると、長期の貸出ができます。カウンターにお申し出ください。

資料の配置

  • 本学の所蔵する資料は、図書館の開架閲覧室や、図書館書庫のほか、各学部の学科・研究室に配置しています。これらの資料を捜すためには、OPACやカード目録で検索してください。
  • 図書館の開架閲覧室や書庫に配置の図書は、日本十進分類法(NDC)による請求記号の順に並んでいます。
  • 目的の分類番号を調べて請求記号から探したり、又は書架の目的の分野のエリアを直接探すこともできます。

視聴覚資料の利用

図書館所蔵のDVD、レーザーディスク、ビデオテープなどを館内で視聴することができます。カウンターで手続きをした上で利用してください。


グループ学習室・セミナー室の利用について

次をご覧ください。


購入希望図書申込

  • 学習や研究に必要な図書が図書館に所蔵されていなかった場合、購入を申し込むことができます。大学図書館の蔵書としてふさわしい、多くの学生が利用できると思われる図書を推薦してください。
  • 「図書購入希望申込票:EXCEL版」(←図書館にも用意してあります。)に必要事項を記入して図書館カウンターに提出するか、ref@ml.saitama-u.ac.jp宛にE-mailでお送りください。
  • 申し込む前には、本学に所蔵が無いことをOPACで確認してください。
  • できるだけ多くの学生のリクエストに応えるため、原則として1人当たり1年間に10冊以内、5万円以内とさせていただきます。
  • 但し、購入希望者以外の利用が見込めない個人の卒業研究のための図書、娯楽小説、問題集のような書き込みができる図書、特定の宗教に偏った図書、学生用図書としてふさわしくない図書、定期的に刊行している出版物(雑誌、年鑑、白書など)は購入できません。
  • 利用できるようになりましたら、申込書の連絡方法(掲示・電話・E-mail)のカッコ内に○印のある方法で連絡をします。
  • カウンターでの取り置き期間は原則として1週間です。取り置き期間を過ぎますと閲覧室に配架しますので、お早めにカウンターまでお越しください。

レファレンス

  • 図書館利用上の疑問、質問にお答えします。
  • 文献調査の方法や調べ方に関する問題を解決できるよう、お手伝いしています。
  • カウンターまで気軽にお申し出てください。

館内資料の複写サービス

コピーコーナー

  • コピーコーナーのセルフ式コピー機で複写できるのは、図書館所蔵資料に限ります。
  • 複写するときには、「文献複写申込書」に記入して、文献複写申込書投入箱に入れてください。
  • 公表された著作物の一部分を、一人に一部だけです。
  • 本日の新聞、最新号の雑誌は、複写できません。
  • セルフ式コピー機は、全てカード式です。白黒専用2台(1枚10円)とカラー1台(白黒10円・カラー50円)があります。なおコピー用カードは、図書館では販売しておりませんので、埼玉大学生協でお求めください。

著作権

  • 図書館での複写は、著作権法第31条に従ってください。

著作権法第31条(要約)「図書館においては、利用者の調査研究のため、図書館の資料の一部分(雑誌などの論文は、次号が出るなど相当期間が過ぎた場合にはその論文全部)の複製を、一人に着いて1部提供することができる。」


図書館間相互協力サービス

立教大学図書館の利用方法


資料を取り寄せたい場合は、以下をご覧ください。


埼玉大学図書館 » 学生・職員の方へ